三宮の名物餃子店「ひょうたん」が閉店でまた神戸の灯火が消える

日記

筆者は神戸に行く用事が定期的にあり、久しぶりに餃子でも食べたいなと思い新店や今の流行を調べようとしたところショッキングな事実が。神戸三宮、元町の名物餃子店ひょうたんが閉店している。(6月16日に元町店、6月20日に三宮店の営業が終了)

製造責任者の方のご家族が倒れて営業が困難になったそうだ。

昭和32年創業で63年の歴史の中で筆者が訪れたのは2、3回程度だと思う。

神戸といえば神戸牛やパン、洋食が名物の港町だが、南京町という中華街もあり餃子も名物の一つとなっている。餃子と言えば浜松や宇都宮、今は宮崎が熱いらしいが神戸の餃子はなんといっても味噌だれが特徴。

そして筆者はこの味噌だれが苦手…

赤萬、ぎょうざ苑、ひょうたん、有名店は味噌だれが多い。どの店にも酢醤油が置いてあったような気がするが覚えていない。餃子専門店のメニューは餃子のみのところも多いので焼きめしやラーメンと食べたい自分にとって物足りないという理由もあって、久しく神戸で餃子を食べたことがない。どうでもいい話になるけど美食家やグルメというわけじゃないし王将の餃子をこよなく愛している。

始まりがあれば終わりも必ずある。三宮そごうと西神中央そごうが閉店、三宮東急ハンズも閉店、そしてひょうたん。また一つ神戸の灯火が消えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました